好みに合った婚約指輪を贈る~ギブミースマイル~

結婚

華やぎを添えるため

パーティードレス

求められるものは

結婚式は新郎新婦の人生最高の晴れの舞台であり、彼らをこれまで見守り育ててきたご両親や親類の方々にとっても大切なものです。華やかで上品な場を作ることが求められます。招待された女性のゲストドレスは会場の雰囲気作りに大きな役割を果たします。適度に華やぎを添え、かつ華美になりすぎることのない姿が望ましいとされます。花嫁の色とされる白がタブーであることは有名です。ベージュなど淡い色合いのドレスも写真撮影の際には白く映ることもありますが、直に見た時の印象が純白でなければ許容範囲という認識が一般的です。一口に結婚式のゲストドレスと言っても、披露宴のみへの出席か二次会へも出席するかで選ばれるドレスも傾向が変わります。披露宴のみならばフォーマルなものが安心です。二次会まで出席するならば少しトレンドを取り入れたデザインも良いですが、その場合は披露宴の場で浮き上がることのないよう気を配る必要があります。

個性を忘れずに

今は少子化と言われる世代が適齢期であり、一昔前に比べれば親類として招待されゲストドレスを着る機会も減りました。それでもやはり若者には、ふいにある時期に友人の結婚式が重なりそれに出席する顔触れもほぼ同じということがままあります。結婚式の場にふさわしいゲストドレスをそのたびに用意するというのはなかなか難しく、レンタルドレスの利用も増えています。全てがセットとなったレンタルは便利ではありますが、幅広い需要に応えるため靴や鞄などの小物はラフなスタイルの式に向けたものも多くなっています。個性の演出も少しばかり難しくなります。選別は購入する場合と同じか、それ以上の目で見ることが必要です。メインのドレスのみをレンタルとし小物は購入して行くという形も流行り始めています。レンタルの特性を生かしつつ、購入した際と同じように個性を演出することができるので、若い女性を中心に人気のスタイルです。今後主流となっていくでしょう。